厚生労働委員会 大臣所信表明

予算審議の舞台は参議院に移っていますが、報道等のとおりスムーズではありません。

そのような中、予算委員会の隙間をぬって厚生労働委員会が開かれ、加藤勝信大臣の所信(考え方)を聞きました。

今国会への思いと共に、来年度予算案に関連する重要施策について説明がなされ、これにて厚生労働委員会は店開きとなりました。

冒頭には、大臣より、働き方改革に関して一般労働者と裁量労働制で働く人を異なる仕方で出した数値で比較し、答弁したこと等についてあらためて謝罪がありました。

先ずは予算の成立を急ぎますが、その後、国会は各法案審議へと移っていきます。

私も与党の一員として、いっそう気を引き締め、真摯に謙虚に丁寧に、国民の皆様の目線でしっかり取り組んで参る所存です。
P1070272P1070255P1070263

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

投稿ナビゲーション