H&C(ヘルス&コミュニティ)議員連盟視察 

 正式名称は「持続可能な社会保障制度の確立に向けて、国民一人ひとりが地域のつながりの中で健康寿命を全うすることを推進する議員連盟」。昨年末に鴨下一郎会長の下発足した議連で、その視察先として、稲城市内の特別養護老人ホーム、ひらお苑へ伺ってきました。

 稲城市は、65歳以上の高齢者が介護施設等でボランティアした場合にポイントを付与しています。介護予防を目的とし、たまったポイントは換金でき、実質的に介護保険料の負担軽減へつながる仕組みです。実際にボランティアに参加している方々からは「待ってくれていることが嬉しい」「生活に張り合いができた」、「友達が増えた」など前向きな声が多く聞かれるとのことで、関係する皆さんの生き生きとした表情が印象的でした。

 様々な課題もありますが、高齢者自身の社会参加活動、生きがいを中心とし、地域コミュニティの活性化を図るこのような取り組みが、今後さらに広まるよう私も尽力したいと思います。

H&C議連視察(ひらお苑)1H&C議連視察(ひらお苑)2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

投稿ナビゲーション