厚生労働委員会で質問

本日の参議院厚生労働委員会は、医薬基盤研究所法改正案について審議が行われました。 行革の一環として現行の2つの独立行政法人、医薬基盤研究所と国立健康・栄養研究所を統合するという中身です。 20分間の質問の機会を頂き、以下のことを問いました。

  1. 統合を方向付けた「独立行政法人改革等に関する分科会」のメンバーは、行革のプロではあるが医薬や栄養の専門家ではない。もし今後、見直しやさらなる統廃合の機会があるならば、専門的な視点も必要ではないか。

  2. 新しい組織「医薬基盤・健康・栄養研究所」ができるが、研究内容はどうやって決まるのか。研究企画、立案はどこが、誰が行うのか?


この2つの独法の統合が単なる組織の効率化に終わらず、1+1=2ではなく1+1=10となるくらいの研究促進効果を期待しています。

後日参議院ホームページから議事録をご覧頂けます。 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 5月8日 参議院厚生労働委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

投稿ナビゲーション